最近では高校生にクラミジアが多いと聞きます。何故、まだ子供の高校生が感染してしますのかと疑問に思う方も多いはずです。こちらでは高校生のクラミジア感染についてお伝えしていきます。

高校生に多いと言われているクラミジア

ばいどく症状とクラミジアの違いと女性の症状

クラミジアは喉や直腸、肛門などの粘膜に炎症を起こすことで他の性感染症にもかかりやすくなります。ばいどく症状はクラミジアの症状よりも重い場合が多く、早期に治療をしなければ重篤な症状が出る可能性もあります。クラミジアの女性は不特定多数の男性と性交渉を行うと、性感染症が拡大し続けるので検査をして感染の有無を確認することが重要です。ばいどく症状としては生殖器の炎症だけでなく、高熱や体の痛みなども同時に起きるので、クラミジアになった女性が、ばいどく症状が起きた場合は入院が必要な場合があります。しかしどちらの感染症も抗生剤によって症状が治癒するので、早期に発見した場合にはあまり心配することはありません。女性の場合は子宮や卵巣、骨盤まで炎症が起きる可能性がありますが、男性の場合は基本的には尿道などの炎症しか起きない場合があります。クラミジアの場合は皮膚などに感染したもあまり心配がないのですが、ばいどく症状はかなり重篤な全身症状を起こす危険性があるので、疑われる場合には早めに検査を受けなければなりません。クラミジアは通常の場合は症状が出ないのですが、おりものが増えたり、生理の日でもないのに生理痛のような症状がある場合は感染が疑われるので、パートナーと一緒に検査を受けて、性感染症の有無を確かめなければなりません。治療に関しては基本的には抗生剤の服用だけで完了しますが、症状によっては塗り薬や点滴なども使用されます。また抗生剤が効かない耐性菌の場合には他の薬を服用しなければならないので、治癒するまでの期間が1ヶ月以上になることもあります。また治療が完了したらもう一度検査をして、性感染症の有無を確かめないと再度感染することがあります。