最近では高校生にクラミジアが多いと聞きます。何故、まだ子供の高校生が感染してしますのかと疑問に思う方も多いはずです。こちらでは高校生のクラミジア感染についてお伝えしていきます。

高校生に多いと言われているクラミジア

性病・感染症でも特に多いクラミジアと神奈川での治療

性行為を行うえで気をつけたいのは性病・感染症です。
性病・感染症にも多くの種類がありますが、中には症状が出にくいものもあり、知らずのうちに感染を広げてしまうこともあります。

性交以後に何か変わった症状がある場合は早めに診察や検査を受け、何らかの性病・感染症になっていた場合は治療を進めていきましょう。

性病と呼ばれる病気にも色々な種類がありますが、特にクラミジアは感染者が多い病気として知られています。
クラミジアは特に若い世代の女性に多くなっていますが、あまり症状が出ないこともあり、感染しても気づいていないこともあります。

クラミジアは性行為により性器粘膜に感染していきますが、通常の性行為だけではなくオーラルセックスからも移ることがあり、口内で感染すると咽頭炎や扁桃腺炎などを起し、風邪に似た 症状が出てきます。妊娠中の場合は母子感染を起すこともあります。

症状が出にくいこともあり、感染に気づきにくい病気ですが進行してくると子宮内膜炎や卵管炎などを起し、不妊や流産、早産の原因ともなりますので、注意が必要です。

おりものが増えてきた、不正出血がある、色の濃いおりものが出ているなどの症状がある場合は早めに検査を受けたいところです。
神奈川でもクラミジアは多い症状ですが、神奈川で治療を受ける際は婦人科や性病科に相談してみると良いでしょう。

そして、この場合もひとりで治療を受けるのではなく、パートナーも一緒に診察や検査を受けておくことが大事です。
神奈川でのクラミジアの治療方法についても知っておきたいですが、男性の場合も女性の場合も抗生剤の内服による治療を行います。
薬は正しく飲むことが大事ですので、医師の指導を守り、飲み忘れることなく正しい服用を続けましょう。