最近では高校生にクラミジアが多いと聞きます。何故、まだ子供の高校生が感染してしますのかと疑問に思う方も多いはずです。こちらでは高校生のクラミジア感染についてお伝えしていきます。

高校生に多いと言われているクラミジア

性器に水泡ができたら性病等クラミジアを疑おう

千葉市で性器になんらかの異常を感じている人は、早めに千葉市のクリニックに診察に行きましょう。千葉市には性病科と呼ばれる性病専門のクリニックもありますので、専門的な治療を受けることが可能です。性病は積極的な姿勢で自らが行動を起こして治療を行うことが大切です。自覚症状がでないクラミジアのような症状もあり、自覚症状が出てよかったというケースもあります。なんらかの異常を感じた場合は、まずクリニックに行きましょう。

クラミジアは自覚症状が出ることが少ない感染症ですが、他の性病は水泡のような自覚症状が出ることがあります。性器に水泡がでる典型的な性病は、性器ヘルペスになります。ヘルペスと聞くと口唇ヘルペスを想像する人もいますが、性器にできるヘルペスもあります。水泡ができるヘルペスというのは、ウィルスを根治させることができません。うまくそのウィルスと付き合っていく生活が求められます。疲れた時にウィルスが活発化して水疱ができることもあります。ヘルペスがひどくならない内服薬もありますので、そのような医薬品を使って、水泡とうまく付き合っていきましょう。

クラミジアは、いうならば性行為の体験がある人すべてが感染の疑いを持った方が良いとされる感染症です。自覚症状が少ないことから、実は感染していたというケースも多く、知らぬ間に性行為によってクラミジアを移していたということもあります。またこのクラミジアは、喉の奥である咽喉にも感染するケースがあり、特にオーラルセックスによって女性が感染することも多いです。風俗でオーラルセックスを体験する人も多く、その行為でクラミジアに罹っている男性もいます。心当たりがある方は治療を受けましょう。