最近では高校生にクラミジアが多いと聞きます。何故、まだ子供の高校生が感染してしますのかと疑問に思う方も多いはずです。こちらでは高校生のクラミジア感染についてお伝えしていきます。

高校生に多いと言われているクラミジア

女性は性病に注意!不妊症になることも

クラミジアを罹患した女性の約8割が、無症状と言われています。よって症状に気付かないまま放置していることもあります。クラミジアをそのまま放置していると不妊になると言われています。細菌による感染で子宮頸管炎を発症し、時間をかけて子宮の中を感染していきます。それは卵管にまで炎症を起こし卵管炎になります。この卵管は卵巣から受精卵を子宮に運ぶ道になっていますので、ここに炎症を起こすと不妊の原因になります。また子宮外妊娠の原因になることもあります。病原菌自体は弱く、感染力もそれほど強くないのですが、侮れない性病になるのです。

このクラミジアは、粘膜同士でなければ感染しないほどの弱い感染力です。しかし粘膜上であれば、2回に1回の感染力があると言われています。よって性行為の際に、いかにコンドームが大切かがわかるでしょう。コンドームは避妊具の役割だけではなく、性病を予防するための道具でもあります。また性病の感染は何も性器だけではありません。咽頭といって喉の奥に感染するクラミジアや他の性病もあります。その場合はオーラルセックスと呼ばれる口で行う性行為の場合、感染するリスクがあります。何も挿入だけが感染源ではありませんので、やはり不特定多数のパートナーとの性行為自体を止めるのが予防になるでしょう。

治療は比較的簡単であり、クラミジアに効果を出す抗生物質を服用するだけで良いです。決められた量を服用し、陰性になるまで服用を続けます。クラミジアを含めた性病は自覚症状も出にくいことから、性行為をする人であれば誰でも感染する可能性があることを認識して、感染するリスクがあった場合は検査を受け、その結果で適切な行動をしましょう。