最近では高校生にクラミジアが多いと聞きます。何故、まだ子供の高校生が感染してしますのかと疑問に思う方も多いはずです。こちらでは高校生のクラミジア感染についてお伝えしていきます。

高校生に多いと言われているクラミジア

クラミジア等の性病検査に痛みはあるのか

クラミジア等を代表とする性病になってしまう若者達が増えてきています。現代の若者はとにかくフリーセックスといって、誰とでも自由にセックスをしてしまう傾向にあります。そして最悪なことにコンドームをつけずにセックスをするのがとても好きなのが現代の若者の特徴です。そしてコンドームを使わないセックスによって、どんどんクラミジア等の性病になってしまうのです。クラミジア等の性病になってしまった場合は病院に通わなくてはいけなくなり、お金も労力も無駄にしてしまうものです。なのでなるべくなら性病にならないようなセックスをすることが大切なのです。
ところでクラミジア等の性病になってしまった場合は当然病院に行って各種の検査を受ける必要がありますが、検査時に痛みを感じることはあるのでしょうか。最近の若者達というのはとにかく病院に行くことが苦手なものです。もしも検査時に痛みを感じることがあるとすれば、若者達は尚更病院から足が遠ざかってしまうのです。一般的にクラミジアの場合ですと、男性の場合はそれほど検査時に痛みを感じないことが多いです。何故なら尿や尿の分泌物を採取して調べるだけだからです。しかし女性の場合ですと膣の分泌物を採取して調べる必要がありますので、膣の分泌物を採取する際に、痛みに弱い人の場合は痛みを感じることが多くなっています。しかし痛いとは言ってもそれほど大したことはなく、我慢できないような痛みではないと言われています。
しかし例え性病の検査に痛みがあるとしても、性病になってしまった以上は意を決して病院に行って検査を受けるべきなのです。そして検査の痛みにこりて二度といい加減なセックスをしなくなればそれで良いのです。とにかく早く治療を開始することが大切なのです。