最近では高校生にクラミジアが多いと聞きます。何故、まだ子供の高校生が感染してしますのかと疑問に思う方も多いはずです。こちらでは高校生のクラミジア感染についてお伝えしていきます。

高校生に多いと言われているクラミジア

クラミジアを悪化させてしまうと大変

クラミジアは性感染症としてとても有名な病気です。
日本国内問わず海外でも感染者が多い感染症ですので、決して他人事ではありません。
クラミジア感染症の怖いところは、自覚症状がないというところです。
特に女性は気づきにくいです。
症状に気づかないまま性交渉をし、知らない間に感染を広げてしまうことはとても恐ろしいです。
クラミジアの主な症状は、男性と女性とで異なっています。
男性の場合は尿道周辺に症状が出てきます。
尿をする際に違和感を感じるような排尿痛や、水っぽい膿が出たりします。
初期症状では軽い尿道炎のような症状になります。
女性の場合は約半数の方が自覚症状がなく、発見が遅れてしまうことが多いです。
主な症状としてはおりものの変化です。
普段に比べて量が多くなってきます。
それと共に下腹部痛が起こることがあります。
生理痛などと勘違いされる場合が多いので、クラミジアと気づくことは難しいでしょう。
その他不正出血や性交痛なども起こります。
クラミジアを悪化してしまった場合大変なことは、女性の場合卵管辺りまで感染が広がってしまうと不妊症になることがあります。
将来的に結婚し、子供を望んだ時に子供ができなくなる可能性があるのです。
子供を授かった場合でも、出産する時に重症な結膜炎や肺炎を起こすことがありますのでとても大変です。
クラミジアに感染してしまわないように、コンドームをつけるなどの対策を行ない、自分自身で守ることが大切です。
現代では、クラミジアに感染しているかどうかを調べる方法として、病院に行くだけではなく自宅で検査することができるようになっています。
悪化しないためにも数年に一回は検査を受けることが望ましいです。