最近では高校生にクラミジアが多いと聞きます。何故、まだ子供の高校生が感染してしますのかと疑問に思う方も多いはずです。こちらでは高校生のクラミジア感染についてお伝えしていきます。

高校生に多いと言われているクラミジア

クラミジアはジェネリック医薬品で治すのがお得

クラミジアの治療には様々な方法がありますが、その1つにジェネリック医薬品で治すことが挙げられます。ジェネリック医薬品とは、新薬として開発された薬と同じ成分で開発された薬を指します。同じ効果を得ながら安心かつ低コストなので非常にお得なのです。
そもそも新薬は1から成分を作るところから始めます。繰り返し実験を行って開発されるため実験が成功するまでに10年から20年という長い期間がかかっているのです。
さらにその実験費用は300億円という莫大な金額がかかっています。この治療薬を購入すればかなり高額になってしまうことも予想がつくでしょう。
それに比べてジェネリック医薬品の開発には3年から5年ほど、開発費用は1億円、とかなりコストが削減されています。これは製薬会社が作っており、安全性や信頼性もしっかりしているので安心してください。ところでクラミジアの治療に使われるジェネリック医薬品についてですが、アジーというものがあります。アジーの主成分はアジスロマイシンです。アジスロマイシンは体内に長期的にとどまり、1日服用するとほぼ完治してしまいます。
服用する回数が少ないことで治療費用も抑えることができ、アジーは非常に有効であるでしょう。小児から使用できますが使用上の注意をよく読み、体に合わない場合は中止するようにしましょう。

抗生物質にも様々な種類があり、その1つにマクロライド系というものがあります。このマクロライド系は選択されることが非常に多くありますが、いったいそれはなぜなのでしょうか。マクロライド系の抗生物質には、幅広く患部をカバーする作用があります。
また、中にはペニシリンアレルギーを持っている人もいます。ペニシリンは抗生物質に使われていることがありますが、マクロライド系ならアレルギー体質の人でも安心して使用できることもメリットです。
さらにテトラサイクリン系など、他の抗生物質に比べて副作用が少ないことも選ばれる理由となるでしょう。このような点からマクロライド系の抗生物質がクラミジアをはじめ、様々な治療には利用されています。先ほどアジーの主成分としても挙げましたが、マクロライド系にはアジスロマイシンが含まれています。
アジーの特徴でもあったように、副作用が少なく、体内にとどまりやすいため効果が大きくなるためです。
しかしマクロライド系の抗生物質では、耐性が獲得されると他の抗菌薬にも耐性をつけてしまいます。こうなれば薬の効果が実感しにくくなってしまいます。
マクロライド系は非常にメリットが多く使いやすい抗生物質なので、耐性の面でさらに進歩を期待したいものです。