最近では高校生にクラミジアが多いと聞きます。何故、まだ子供の高校生が感染してしますのかと疑問に思う方も多いはずです。こちらでは高校生のクラミジア感染についてお伝えしていきます。

高校生に多いと言われているクラミジア

クラミジアの感染と無性病について

男性がクラミジア感染症になると早期発見が非常に難しいのですが、症状が悪化することで尿道炎や精巣上体炎を起こすことがあります。とくに精巣上体炎は無性病になる可能性が高まるので、将来的に不妊の原因にもなります。クラミジアの感染はなかなかわからないので、多くのパートナーとセックスをしている場合には定期的にクラミジアの検査をすることが必要で、それによって無性病になるのを防ぐことができます。クラミジアの感染は尿道炎になることが多いのですが、症状が軽いので早期発見が非常に難しいのが現状です。そのために医療機関などでは定期的な性感染症の検査を呼びかけていて、複数のパートナーや不特定多数の男性との性交渉を持つ女性に関しては症状がなくても半年に1回程度の頻度で検査をするように呼びかけています。無性病は精子が全くなくなる病気で精巣上体炎などになった場合に起きる症状で、精子を作る精巣が炎症を起こして全く機能していない状態が継続することで、精子を作り出す機能が衰えてしまって、結果的に健康な精子が全く作られない病気になります。クラミジアは検査をして発見をすると治療が簡単なので、軽い気持ちで検査を受けて、感染していても抗生剤を1回服用するだけで治癒する病気なので、なるべく多くの若い男女が検査を受けるようにしなければなりません。女性がクラミジアに感染した場合は子宮の入口付近の炎症が徐々に子宮内膜炎まで発展して、最終的には骨盤や肝臓にまで症状が出ることがあります。また卵管炎を起こしてしまうと不妊になるので、妊娠する確率が非常に低くなったり、妊娠している場合に早産や流産になる可能性が非常に高くなるので、注意が必要です。